笑っている人達

リフォームで作る快適

ナースコールをする

介護リフォームのコツ

最近は老人介護施設も増え、介護の重要性が世間で認知されてきている現状です。またこれから日本は、ますます高齢者が増えるとされているのです。そんな状況もあり住宅で介護するために便利になるように、介護リフォームを希望する人が増えているのです。住宅の介護リフォームには、施設と違い制約がおおいため、知っておきたい知識も介護施設とは違うのです。ですからここでは住宅で介護をする時に便利な、介護リフォームのコツを紹介していきます。まず介護リフォームで一番重要な事は、トイレのスペースです。住宅のトイレはせまい事が多く、車椅子でトイレに入る事が困難な間取りの事が多いのです。リフォームでトイレのスペースを広げる事ができれば、問題ないのですがそういった事ができる住宅は少ないのです。

寝室に近い場所にトイレを作る

ですから介護リフォームでトイレを修繕する場合は、トイレのドアを引き戸タイプにする事になるのです。また三連引き戸タイプも販売されているため、そういったものを使えば狭い間取りでも、車椅子の介護が楽になるのです。またトイレの横に引き戸を配置する事で、横からのアプローチが容易になり介護がやりやすくなるのです。トイレには縦と横の手すりを2本以上つける事が大切で、できればトイレに洗面台をつけると良いのです。介護が必要になってくると、トイレで汚す事も多くなり、トイレに洗面台がないと、わざわざお風呂などへ洗いに行かなければならないからです。またトイレを作る位置は、できる限り寝室から近い方が介護がやりやすいのです。