笑っている人達

介護内容の充実

老後を考える

高齢者の暮らしやすさに配慮してリフォームを行う

2000年にスタートした介護保険制度においては、介護を必要とする人に対しソフト・ハード両面にわたるさまざまな公的サービスが受けられるようになっています。ところで、この介護保険制度の中には、住宅改修に関する支援というものがあります。これは何かというと、いわゆる介護リフォームを行った場合に要した費用の助成制度です。近年では介護リフォームを専門に手がける事業者も登場してきているので、今後の利用増加が見込まれている制度です。介護リフォームは、自宅で暮らす要介護者の利便性や安全性を確保するとともに、介助者の負担を軽減することを目的として行うリフォーム工事のことです。自治体によっては、介護保険のほかに独自の助成制度を設けているところもあります。

介護リフォーム補助制度の概要について

リフォーム工事に対して介護保険の支給を受けるには、まず「要支援・要介護」の認定を受けている必要があります。また、支給対象となる工事は、手すりを取り付ける、床の段差を解消する、床や廊下を滑りにくい材質のものに取り替える、扉を開閉しやすい引き戸等に替える、便器を洋式便器に交換する、の5つが基本となります。支給額は費用が最高20万円までの工事に対し、その費用の9割を限度額とします。この枠を使い切るまでは数度にわたって利用することが可能です。実際に介護リフォームを行うに際しては、上記の条件に合致するかどうかに気を付けると同時に、1人1人の要介護者の状態に合わせて本当に必要な工事を選択する必要があります。そのためにはリフォーム事業者及びケアマネージャーとの入念な打ち合わせが大切です。